加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、バイデン米大統領が今夏の東京五輪・パラリンピック開催は「科学に基づくべきだ」と発言したことに対し、「日本政府の考え方は変わっていない。大会の成功に向けて関係者が一丸となって準備に取り組んでいる」と強調した。また、政府の新型コロナウイルス対策に触れ、「必要な対策を確実に実施する。安全、安心を最優先に考えていく」と述べた。 (C)時事通信社