【ビジネスワイヤ】大塚製薬とゲノムシーケンシング技術の米イルミナは、血液がん遺伝子パネル検査キットの開発・商業化契約を締結したと発表した。この種の検査キットは日本初となり、イルミナの次世代シーケンサー「NextSeq・550Dxシステム」で使用できる。今回の提携により、日本国内のほぼすべての血液がんを対象とした診断、治療法選択、予後予測が促進されると期待される。(C)時事通信社