厚生労働省は9日、近く接種が始まる米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、1瓶からの接種回数を6回から5回に変更する方針を明らかにした。用意した注射器では充填(じゅうてん)したワクチンの一部が使い切れずに多く残ってしまうためで、近く自治体向けに新たな接種手順を示す。
 7200万人分を想定する接種可能人数が減る恐れもあるが、同省担当者は「ファイザーと今後相談するので、現状では何とも言えない」としている。 (C)時事通信社