自民党の下村博文政調会長は9日、党山梨県連とテレビ会議を行い、新型コロナウイルス対策に関する陳情を受けた。緊急事態宣言で移動自粛が呼び掛けられる中、初の試みという。
 席上、県連側は持続化給付金の再支給や自殺対策の支援拡充を要請。下村氏は「党本部として調整する」と応じた。 (C)時事通信社