東京五輪・パラリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)は9日、今夏の大会に向けた新型コロナウイルス感染予防策の指針を定めた「プレーブック」の選手・チーム関係者向け初版を公表した。
 大会で日本に滞在中は、検査を少なくとも4日に1度受ける。タイミングと頻度は競技や日程によって変わる可能性があるとした。検査は東京・晴海の選手村か、分村の指定された施設内で受けなくてはならない。
 陽性が確認された場合は隔離されるか入院となり、競技には出場できない。濃厚接触者は選手村の指定のエリアで検査を受け、その場で結果を待つ。結果が陰性なら予定通り出場できるよう、組織委が保健衛生当局と現在調整している。競技会場に入る際の検温で2回続けて37.5度以上の場合は、隔離エリアに入って指示を待つ。
 プレーブックは、昨年12月に日本政府などが大会における感染症対策をまとめた中間整理を踏襲した。さらなる詳細は4月までに更新される予定の次版に明記される見込み。 (C)時事通信社