【ビジネスワイヤ】緊急事態管理(CEM)ソリューションの米エバーブリッジは、同社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン配布関連ソフトウエアの需要が拡大していると発表した。同ソフトは、リアルタイムでリスク情報を提供し、ワクチンのサプライチェーン管理、接種予約、連絡、記録などの機能を備える。ウェストバージニア州、フロリダ州レオン郡、フロリダ州サラソタ郡などが導入済み。直近ではフロリダ州のジャクソン記念病院も導入した。(C)時事通信社