自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は10日、国会内で会談し、新型コロナウイルス対策の改正特別措置法で新設された「まん延防止等重点措置」の発令時に、政府から衆参両院の議院運営委員会で報告を受けることで合意した。改正特措法を踏まえた基本的対処方針の改定について、政府が12日の同委で説明することも決めた。
 両氏はまた、菅義偉首相の長男による総務省幹部への接待問題をめぐり協議。野党側が説明を求める会食の詳細について、12日の衆院予算委員会で総務省側が答弁することを確認した。 (C)時事通信社