日本高校野球連盟は10日、第93回選抜大会(3月19日開幕、甲子園球場)の臨時運営委員会を開き、新型コロナウイルスの感染状況を考慮して、今月23日の組み合わせ抽選会を午後3時からオンライン形式で実施すると発表した。
 抽選会には、出場32校の主将が自校からオンラインで参加して、各自がくじを引く。同一県から出場する高校(宮城、兵庫、奈良からの6校)については、同じ県勢が決勝までには対戦しないように振り分ける。選手宣誓は大会第1日に登場する3試合、計6校の主将がくじを引いて決める。 (C)時事通信社