日本プロ野球組織(NPB)は10日、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と連名で、外国人選手らが入国した後の自主隔離期間を短縮することなどの制限緩和を求める要望書を萩生田光一文部科学相に提出したと発表した。
 NPBの斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマンが文科省を訪れ、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けるスポーツ界の現状を萩生田文科相、室伏広治スポーツ庁長官に説明。感染対策の徹底を前提として「会場の収容率に基づいた入場制限の基準設定」や「夜間時刻制限の緩和」も要望した。 (C)時事通信社