東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、国際オリンピック委員会(IOC)などとともに、大会時の新型コロナウイルス感染防止対策の指針を定めた「プレーブック」に関する報道用の説明会をオンラインで開催し、社会的距離を保つため、各会場に入れる報道陣の数を当初から半減させる見通しを明らかにした。
 IOCのバッハ会長はビデオメッセージを寄せ、「新型コロナの検査体制やワクチン接種の普及は、(開催に向けて)楽観できる根拠になる。状況の変化に対応するため、私たちには創造的な発想や柔軟性、犠牲が必要になる」と述べ、参加者全員が指針を順守する必要性を訴えた。 (C)時事通信社