新型コロナウイルス感染拡大に伴い深刻化する孤独や孤立の問題に対処するため、菅義偉首相は坂本哲志地方創生担当相に総合調整を担わせる方針を固めた。複数の政府関係者が11日、明らかにした。
 感染拡大の影響で、貧困、引きこもり、自殺など、孤独や孤立への対策が急務となっており、自民党の有志議員らが既に検討を進めている。複数の省庁にまたがる課題のため、政府は内閣官房に事務局を置き、坂本氏を中心に取り組みを具体化させる。 (C)時事通信社