【パリ時事】新型コロナウイルスに感染後、克服した欧州最高齢のフランス人修道女リュシル・ランドンさんが11日、117歳の誕生日を迎えた。AFP通信が報じた。ランドンさんは、ギネス・ワールド・レコーズ社が「存命中の世界最高齢」に認定している福岡市の田中カ子さん(118)に次ぐ長寿。
 シスター・アンドレの名で知られるランドンさんは1月、居住する南部トゥーロンの高齢者施設で感染が確認されたが、無症状だったという。ランドンさんはAFPに「確かにひどい倦怠(けんたい)感はあったが、気付かなかった」と語った。施設内では約80人が感染し、10人が死亡した。 (C)時事通信社