菅義偉首相は12日午前、坂本哲志地方創生担当相と首相官邸で会い、新型コロナウイルス感染拡大で深刻化する孤独・孤立問題を担当するよう指示した。首相は「女性の方が孤独で、自殺も増えている傾向にある。問題を洗い出して、総合的に政策を進めてほしい」と述べた。
 坂本氏はこの後の記者会見で「社会的な孤独、孤立を防ぎ、人と人とのつながりを守る活動を推進したい」と強調。支援に取り組む現場の声を聴くため、月末に緊急フォーラムを開催する方針を示した。 (C)時事通信社