【シドニー時事】オーストラリア南東部ビクトリア州政府は12日、新型コロナウイルスの感染が拡大しているとして、感染抑制に向けて同日午後11時59分から5日間、住民らに対して外出などの制限措置を導入すると発表した。州都メルボルンで開かれている全豪オープンテニスについては、大会は継続されるが、13日以降は無観客での開催となる。
 今年の大会では、外国人選手らには入国後に隔離を強制するなど強力な感染防止対策を実施。入場者の数も制限されている。 
 アンドリュース州首相は「観客がいなくなれば娯楽イベントとしての機能はなくなる」と大会継続の趣旨を説明した。大会は21日まで開催される予定。(C)時事通信社