厚生労働省は12日、薬事・食品衛生審議会の専門部会を開き、米製薬大手ファイザーが申請した新型コロナウイルスワクチンの承認を了承した。厚労省は14日にも、緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づき、国内初の新型コロナワクチンとして正式承認する。医療従事者への先行接種は17日にも開始される。
 ワクチン接種が進むことで、個人の感染予防に加え、感染拡大が抑えられるとされる「集団免疫」獲得への期待も高まる。ただ、優先接種される医療従事者や高齢者らを除く一般の人への接種開始時期は未定だ。
 田村憲久厚労相は12日夜、記者団に対し、感染を阻止する「中和抗体」の値が日本人でも接種後に上昇したことを確認できたと説明。「国民の健康を守るのに大きな意味がある」と述べた。
 同社ワクチンは、遺伝情報を記録した「メッセンジャーRNA」の一部を人工合成して作製。接種後、体内に新型コロナのたんぱく質が作られ、それに対する抗体ができて免疫を獲得する。同社の臨床試験(治験)では95%の予防効果が確認された。接種部位の痛みなどがあり得るが、重篤な副反応はほとんどないとされ、欧米で接種が進む。 (C)時事通信社