【ワシントン時事】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は13日、新型コロナウイルスの発生源に関する世界保健機関(WHO)の調査について、手法に「深い懸念と疑問」があるとする声明を出した。WHO調査団は調査結果公表に際し、ウイルスが中国・武漢の研究所から流出した可能性が「極めて小さい」との見解を表明している。
 サリバン氏は声明で、WHOの調査について「中国政府の介入や改ざんを受けない独立したものであることが極めて重要だ」と指摘。その上で「中国政府は(新型コロナ)流行初期のデータを開示しなければならない」と訴えた。 (C)時事通信社