加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、2020年の国内総生産(GDP)速報値が実質で前年比4.8%減少したことについて、「わが国経済は大変厳しい状況だ」と述べた。その上で「景気は持ち直しの動きが続いているが、(新型コロナウイルスの)感染状況や緊急事態宣言発出の影響を注視する必要がある」と語った。 (C)時事通信社