加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン1瓶の接種回数を6回から5回に減らしたことに伴う対応について、「使われないものは廃棄になる」と明らかにした。厚生労働省が用意したほぼ全てのタイプの注射器では充填(じゅうてん)したワクチンの一部が使い切れずに残る。
 加藤氏は1瓶で6回接種可能な針とシリンジ(注射器の筒)の確保は「なかなか難しい」と指摘。同時に早期調達に努める考えを表明した。
 ワクチン先行接種のスタートを前に内閣府で記者会見した河野太郎規制改革担当相も、「貴重なワクチンを(できるだけ)廃棄することがないよう調達を一生懸命頑張りたい」と述べた。ただ、現時点の確保済み数量は「確定できたらお知らせしたい」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社