参院予算委員会は16日、2021年度予算案の審議を前に、オンラインで医療機関や生活困窮者支援団体から意見を聴取した。新型コロナウイルス感染拡大のため、例年実施している地方視察は見送った。山本順三委員長(自民党)は記者団に「貴重な意見を聞くことができ大成功だった」と語った。
 一方、衆院予算委は同日、地方公聴会に代わり、参考人質疑を行った。通信トラブルの可能性などを考慮しオンラインは利用せず、衆参で対応が異なった。 (C)時事通信社