衆院予算委員会は16日、2021年度予算案に関する意見を聴くため、有識者を招いて参考人質疑を行った。東京都練馬区の前川燿男区長は、新型コロナウイルスのワクチンについて、国に「全体の配布日程を早く示してほしい」と要望。「ワクチンに不安を抱く国民もいる」として、安全性などの正確な情報提供も求めた。
 参考人質疑は、新型コロナの感染拡大を受けて見送った地方公聴会の代わりに開催した。ワクチン接種をめぐっては、かかりつけ医での個別接種を中心とする「練馬区モデル」が全国的に注目されている。 (C)時事通信社