東京都の小池百合子知事は16日、東京商工会議所、都医師会と共同で、新型コロナウイルス対策に取り組むことを宣言した。コロナの新規感染者をできる限り抑えるため、3月7日までの緊急事態宣言期間中、経済界と医療の現場、行政の3者が緊密に連携し、対策を徹底するとしている。
 小池氏は「新規感染者や陽性率は減少傾向だが、医療提供体制は逼迫(ひっぱく)が続いている」と指摘。人出が再び増えていることも挙げ、「飲食店への営業時間短縮や外出自粛の要請など現行の取り組みを徹底しなければ、元のもくあみになってしまう」とし、都民や事業者に改めて協力を求めた。 (C)時事通信社