1月の大相撲初場所の期間中にマージャン店に行くなどして、日本相撲協会が定めた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドライン(指針)に違反した時津風親方(元幕内時津海)について、協会のコンプライアンス委員会が、退職が妥当だとする処分案をまとめたことが16日、関係者の話で分かった。
 コンプライアンス委は16日、東京・両国国技館で処分案を協議した。八角理事長(元横綱北勝海)に答申し、22日に開かれる臨時理事会で処分などが話し合われる見通し。
 時津風親方は既に、協会に退職の意向を伝えている。 (C)時事通信社