【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は16日の記者会見で、バイデン大統領がホワイトハウスに外国首脳を招待し、会談を行うのは数カ月先になるとの見通しを示した。外遊の計画も発表されておらず、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた上で今後判断するとみられる。
 バイデン氏は19日に行われる先進7カ国(G7)首脳のテレビ会議に参加する予定。ただ、英国が6月に対面形式での開催を計画しているG7サミットに出席するかどうかは明言していない。
 カナダのトルドー首相が先月、バイデン氏と電話会談した際、カナダ首相府は「両首脳は来月(2月)会うことで合意した」と発表したが、サキ氏は「われわれはビデオを通じて会うことができる」と指摘。対面形式にはならないとの認識を示した。 (C)時事通信社