【フランクフルト時事】ドイツのスポーツ用品大手アディダスは16日、傘下の米同業リーボックの売却に向け、正式な手続きを開始すると発表した。リーボックの業績は長期にわたって不振だった。新型コロナウイルス流行で世界的に需要が落ち込む中、経営資源を主力のアディダスブランドに集中する。
 アディダスは2006年、リーボックを約31億ユーロ(当時のレートで約4300億円)で買収。北米市場で勢力を拡大し、業界最大手の米ナイキの追い上げを狙った。
 リーボックの売り上げは伸び悩み、投資家から売却を求める声が上がっていた。ロイター通信が銀行筋の話として報じたところによると、リーボックの現在の企業価値は約10億ユーロにとどまるという。 (C)時事通信社