【ビジネスワイヤ】中国メディアのCGTNは、中国国家主席夫人の彭麗媛氏が、独エッセンにある公立中学校のブルクギムナジウムの生徒と教師に手紙を書き、両国民の友情強化に新たな貢献をするよう促したと発表した。彭氏は手紙の中で、同校の中国語合唱団の生徒4人が中国語の歌「パンデミック収束後」を歌う動画を視聴し、新型コロナウイルスの世界的まん延の克服に向けて、世界の人々を支援する生徒たちの優しい気持ちを感じたと書いた。同氏によれば、同校生徒は1年前、中国の新型コロナウイルスとの闘いを支援すべく、中国の歌「譲世界充満愛」を録音して中国の人々への友情を伝えていた。(C)時事通信社