【ビジネスワイヤ】3Dプリント製薬技術の中国Triastek(南京三迭紀医薬科技)は、同社技術で製造した関節リウマチ治療薬「T19」の新薬臨床試験開始届(IND)が、米食品医薬品局(FDA)から承認されたと発表した。時間治療向け薬剤送達システムとして機能するT19は、溶融押出積層(MED)3Dプリント技術で製造した錠剤。体内で望ましい時間帯に薬剤を放出する。同社は今年後半に中国でIND申請を行い、その後で日本と欧州でIND申請を行う計画。(C)時事通信社