日本医師会の中川俊男会長は17日の定例記者会見で、医療従事者を対象に接種が始まった新型コロナウイルスのワクチンに関し、「早期収束にはワクチン接種の推進が重要なカギを握っている」と述べ、効果への期待を示した。
 国内で初めて薬事承認された米製薬大手ファイザー製のワクチンについて、中川氏は「メリットがリスクを上回ることは明らかで、予想以上に有効性が高い」と指摘。一方で、全国民に接種の順番が回るまでには時間がかかるとして、「これまで以上に守りを固め、徹底的な感染予防対策をお願いする」と呼び掛けた。
 10都府県で緊急事態宣言の発令が継続されていることについては「今回を最後の宣言にして波を抑え込み、一気に収束に持ち込むのが一番の対策だ」と述べ、早期解除に慎重な姿勢を強調した。 (C)時事通信社