日本商工会議所の三村明夫会頭は17日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種が国内で始まったことについて、接種のスムーズな進展で「経済活動のレベルを上げることができるのではないかと思う」と期待を示した。その上で、「集団免疫を早く確立させる方向にいってほしい」と語った。
 また、「今年で終わる話ではなく、来年以降もワクチンは非常に重要」と指摘。安全保障の観点からもワクチンの国産化を急ぐ必要があるとの認識を示した。 (C)時事通信社