新型コロナウイルスワクチンの国内接種がスタートしたことを受け、菅義偉首相は17日の衆院予算委員会で、早期に広く国民が接種できる環境の確立に全力を挙げる方針を強調した。与野党からは、政府への注文や意見が相次いだ。
 「多くの国民が一日も早く接種できる環境をしっかりつくっていくのが政府の責任だ」。首相は予算委でこう訴えた。立憲民主党の長妻昭氏が「全責任を負う覚悟はあるか」と迫ると、首相は「全責任は自分にある」と明言した。
 また、接種開始に当たり、「早くならないかと何回となく厚生労働省をはじめ関係者と打ち合わせをした」と明かした。 (C)時事通信社