17日の衆院予算委員会集中審議で、立憲民主党の後藤祐一氏は自身の質疑予定がない田村憲久厚生労働相と河野太郎規制改革担当相の退席を認めた。新型コロナウイルス対策を担う両氏の退席を容認することで、政府のコロナ対策に協力する姿勢をアピールした。
 後藤氏は質疑の冒頭、「ワクチンや厚労省の関係を聞くつもりはない」と表明。「お忙しいでしょうから、退出いただいて結構だ」と促した。
 集中審議は事前の理事会で、質疑がなくても開会中は出席して答弁待機する閣僚を決めている。今回は両氏のほか菅義偉首相や麻生太郎財務相ら7人が指定されていた。 (C)時事通信社