【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は17日、新型コロナウイルスワクチンをめぐり、米バイオ医薬品企業モデルナから最大3億回分を追加購入する契約を承認したと明らかにした。他社製も合わせ、EUがこれまでに購入契約で確保したワクチンは計約26億回分となる。
 欧州委はまた、コロナウイルスの変異対策も発表。変異に対応したワクチンの審査迅速化や製薬会社の生産支援を図るほか、必要に応じてEU域外からのワクチン調達も視野に入れる。来週開催するEUのテレビ首脳会議で協議する。
 フォンデアライエン欧州委員長は、「新たな変異に迅速に対応する準備をする必要がある」とツイッターで強調した。 (C)時事通信社