【テンピ(米アリゾナ州)時事】米大リーグは17日、フロリダ、アリゾナ両州で春季キャンプが始まり、メジャー4年目を迎えた大谷翔平選手が所属するエンゼルス、日本ハムから有原航平投手が加入したレンジャーズなどのバッテリー組が始動した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、練習は原則非公開で行われた。
 エンゼルスは少人数のグループに分かれて練習を行い、大谷は主力先発投手の組でキャッチボールや守備練習など軽めのメニューを消化した。打者としては、屋内で打撃練習に取り組んだ。
 球団提供の動画によると、有原はキャッチボールなどで調整。パドレスはダルビッシュ有投手がトレーニングウエア姿で練習する写真を公開した。 (C)時事通信社