菅義偉首相と日銀の黒田東彦総裁は18日午前、首相官邸で会談した。記者団の取材に応じた黒田総裁によると、新型コロナウイルス流行下の国内外の経済情勢などをめぐり意見を交換した。
 黒田総裁は日本経済について「輸出はコロナ以前の水準を回復し、消費全体もある程度持ち直していると話した」と説明した。日銀が3月をめどに金融緩和策の「点検」を実施することも報告したが、「(首相から)特にコメントはなかった」という。 (C)時事通信社