加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、17日の開始からこれまでに重い副反応の報告はないと明らかにした。「現時点で医薬品医療機器総合機構(PMDA)に対し、接種直後の死亡や(重いアレルギー症状である)アナフィラキシーがあったという報告はなされてない」と述べた。 (C)時事通信社