【ヨハネスブルクAFP時事】南アフリカの新型コロナウイルス感染者が推計で人口の半数前後に上ることが、最新の研究結果などから分かった。死者数も公式発表の数字を大幅に上回るとみられている。
 公式発表では南アの感染者は人口の2~3%に当たる約150万人で、死者は約4万8500人。しかし、先週公表された研究では、4州の約5000人の抗体を検査したところ、32~63%が感染していたことが判明した。
 また、南アフリカ医療研究評議会によると、昨年5月以降、過去の統計から予測される死者数を実際の死者数が上回る「超過死亡」が14万人以上に達している。医療保険大手ディスカバリーは、このうち約9割が新型コロナによるものと推定している。 (C)時事通信社