新型コロナウイルスの影響で広がるテレワーク需要を取り込もうと、ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市)は地元企業と連携し、ロビーにコワーキングスペース(共有オフィス)を開設した。客室もオフィスや住居として貸し出す。学生向けの長期滞在プランも始める予定で、落ち込んだ稼働率の回復を目指す。 (C)時事通信社