丸川珠代五輪担当相は19日の衆院予算委員会で、島根県の丸山達也知事が東京五輪聖火リレーの中止検討を表明したことについて「(新型コロナウイルス)感染症対策に全力を尽くして(リレー実施に向けて)理解してもらう」と述べた。立憲民主党の森山浩行氏への答弁。
 一方、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長の選考過程に関しては「公益法人がきちんとガバナンスにのっとって(選考を)した」として、透明性に問題はなかったとの認識を示した。
 丸川氏はまた、来日する選手の新型コロナワクチン接種について「基本的に接種してこなくても安全、安心に大会を成功できるよう、さまざまな措置を取る」と説明した。同党の玄葉光一郎氏への答弁。 (C)時事通信社