中外製薬は19日、親会社のスイス製薬大手ロシュから、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬について、日本での独占的開発権と販売権を取得したと発表した。同日、ライセンス契約を締結。今後開発計画を検討し、承認を目指す。
 治療薬は米バイオ医薬品企業アテアとロシュが開発した「AT―527」で、ウイルス複製に必要な酵素の働きを阻害し増殖を防ぐ。現在海外で軽症から中等症の患者を対象に第2段階の臨床試験が行われている。
 中外製薬の奥田修社長は「利便性の高い経口抗ウイルス剤を日本においてもいち早く届けられるよう、国内の承認申請に向け必要な対応に尽力する」とのコメントを発表した。 (C)時事通信社