「『令和の運び屋になる』と言っていたが、こんなことをやっていたら運ぶのが遅くなる」。国民民主党の榛葉賀津也幹事長は19日の記者会見で、河野太郎規制改革担当相が新型コロナウイルスのワクチン接種を管理する新システム構築を目指していることに疑問を呈した。
 新システムをめぐっては、厚生労働省の既存システムとは別に立ち上げるため、「自治体の新たな負担になる」との懸念がある。これを踏まえ、榛葉氏は「相当、現場は混乱している。地方も本当に寝耳に水ではないか」と批判した。 (C)時事通信社