全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)は19日、新型コロナウイルスワクチン接種に関する特別対策チームのテレビ会議を開いた。自治体が接種の準備をする上で、参考になるような先進事例を把握する調査について、2月中に結果を取りまとめることが報告された。
 調査では、誰がどこで接種するかを決める事前の調整や、副反応への対応などをめぐり、特徴的な取り組みの把握を進めている。同時に財源面での課題も洗い出し、結果は各地の自治体と共有する。調査を担当する三重県の鈴木英敬知事は「全国でしっかりと足並みをそろえてスタートし、接種完了に向かうようにしたい」と述べた。
 会議には河野太郎規制改革担当相も参加。医療従事者の優先接種に向け、3月にワクチンを都道府県へ配送することを伝達した上で、「国と都道府県、市区町村一体となって、このプロジェクトを進めたい」と協力を呼び掛けた。 (C)時事通信社