菅義偉首相ら先進7カ国(G7)首脳は19日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルスワクチンの普及に向けた連携などについて協議した。菅氏は今夏の東京五輪・パラリンピックを「人類が新型コロナに打ち勝った証し」として開催する決意を改めて表明し、他の首脳に支持を求めた。会談後、首相は記者団に、東京五輪の開催について、「G7首脳全員の支持を得た」と語った。
 新型コロナのワクチンに関し、首相は「途上国も含め公平なアクセスを確保することが不可欠だ」と述べ、途上国向け供給支援の国際的な枠組みに2億ドル(約210億円)を拠出する日本の貢献策を重ねて説明した。 (C)時事通信社