【ヨハネスブルクAFP時事】アフリカ南部エスワティニ(旧スワジランド)の国王ムスワティ3世(52)は19日、議会で演説し、新型コロナウイルスに感染したが回復したと明らかにした。
 国王によると、今年1月第1週の検査で陽性と判明。アフリカで唯一外交関係を維持する台湾から送られた抗ウイルス薬の投与を受けて回復したという。国王は「台湾総統に感謝する」と述べた。 (C)時事通信社