三菱UFJ銀行の労働組合は20日、2021年春闘で、給与と賞与を合わせた「基礎年収」の現状維持を求める執行部案を固めた。賃上げ要求を見送るのは実質3年ぶりとなる。新型コロナウイルス感染拡大による先行き不透明感や低金利の長期化など、銀行を取り巻く経営環境の厳しさを踏まえた判断。 (C)時事通信社