【シドニー時事】オーストラリアで21日、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。豪州は不足するワクチンを補うため、英製薬会社製ワクチンを国内でも製造。感染抑制に成功している豪州は、10月末までに希望者全員への接種を終えたい考えだ。
 モリソン首相は21日、シドニー郊外の施設に出向き、最前線の医療従事者らに交じって米ファイザー製ワクチンの接種を受けた。接種を終えるとカメラの前で親指を上げるポーズを見せた。「全ての国民にワクチン接種を無料で受ける機会が与えられる。医療専門家が安全で効果的と確認した」と語った。 (C)時事通信社