【ソウル時事】韓国の丁世均首相は21日、政府の新型コロナウイルス対策の会合で、26日から介護施設などを対象に、さらに27日からは医療関係者向けに、それぞれワクチン接種を始めると明らかにした。
 26日から接種するのは英製薬大手アストラゼネカが開発し韓国企業が生産したワクチンで、介護施設などの入所者、従事者約27万2000人が対象。26日にはワクチン共同調達の国際的な枠組み「COVAX」を通じて米ファイザー製のワクチン11万7000回分が到着し、27日から新型コロナ患者を治療する医療関係者への接種を開始する。
 丁首相は国民に対し「政府が責任を持って安全性と効果を検証しており、これを信じてワクチン接種に積極的に参加してほしい」と訴えた。 (C)時事通信社