日本相撲協会は22日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、1月の大相撲初場所開催中にマージャン店に行くなどし、協会が定めた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドライン(指針)に違反した時津風部屋の師匠、時津風親方(47)=元幕内時津海、本名坂本正博、長崎県出身=を退職勧告の懲戒処分とし、退職金を30%減額することを決めた。
 相撲協会は時津風親方が提出していた退職届を受理。部屋付きだった間垣親方(35)=元幕内土佐豊、森下祐哉、高知=が名跡を交換し、時津風部屋を継承することが承認された。同部屋には大関正代、幕内豊山らが所属している。
 時津風親方は昨年も不要不急の外出をし、委員から年寄へ2階級降格の処分を受けていた。協会のコンプライアンス委員会は「その行動からは反省の態度や師匠としての自覚などみじんも見て取ることはできない」として退職勧告の懲戒処分意見を答申。理事会では答申通りの処分が決まった。 (C)時事通信社