日本フランチャイズチェーン協会が22日発表した1月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比4.9%減の8150億円だった。11カ月連続のマイナス。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う緊急事態宣言の再発令を受け、都市部を中心に客足が再び遠のき、低迷が続いた。
 来店客数は13.2%減。宣言が出された11都府県などで人出が減ったほか、正月休みに帰省や旅行を控える動きが広がったことも影響した。 (C)時事通信社