天皇誕生日の23日、61歳を迎えた天皇陛下は、皇居で皇后さまと誕生日の祝賀行事に臨まれた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を大幅に縮小し、一般参賀は2年連続で中止となった。
 天皇陛下は午前中、皇居・宮殿で秋篠宮ご夫妻や、三権の長らから祝賀を受けた。菅義偉首相がお祝いの言葉を述べると、陛下は「深く感謝致します。くれぐれもお体にお気を付けてお仕事をお続けください」と応じた。
 皇族方や宮内庁職員らの出席者は人数を絞り、招待客と昼食を囲む「宴会の儀」や各国大使らとの「茶会の儀」は取りやめた。 (C)時事通信社