【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、議会上院銀行委員会で半期ごとの証言に臨んだ。議長は、新型コロナウイルス危機で打撃を受けた米景気の回復状況について、「FRBの目標到達には程遠い」と明言。金融緩和策を維持する姿勢を強調し、早期の緩和縮小観測を退けた。 (C)時事通信社