河野太郎規制改革担当相は24日の衆院内閣委員会で、新型コロナウイルスワクチンの接種計画について、今夏の東京五輪・パラリンピックは考慮せずに策定する方針を示した。「接種スケジュールの中に五輪を入れず、粛々と調整している」と述べた。
 河野氏は「橋本聖子前五輪担当相から『五輪で医療従事者が必要になるが、ワクチン接種に影響が出ないように対応する』という話をいただいている」と明らかにした。 (C)時事通信社